活用したい「分析ツール」

グラフ

店舗での目標を達成したかどうか、またはどれくらい増減があったかなどは、マクロ的に把握することはできます。しかしながら売れ筋はどんな商品が多いのか、どの店舗でどんな顧客に多く売れたのかなどは、詳細に分析を行わないと把握することは不可能です。今後、より多く売れるものを仕入れたり作ったりしていく上で、この分析がなければ、売上アップのための戦略の立てようがありません。そこで注目したい支援アイテムの一つが、「売上分析ツール」です。このツールを活用すれば、データを店舗・地域・商品・月・スタッフ・顧客別にそれぞれ細分化し、比較分析することができます。細分化することで、例えば前年同月との比較、同じ商品でも地域による売れ数の違いなどが見えてきます。

分析を行うメリットや活用方法

売上分析ツールを使うことによって得られるメリットは、まず「目標設定」がしやすい点が挙げられるでしょう。例えば、販売スタッフの実績を前年と比較し、その差の原因を分析することで次年度からの目標設定をすることもできます。通常、「今年度比で来年度は何パーセントアップするぞ」という一律の目標を立ててしまいがちですが、前年度との差を各年の状況と照合し設定することで、目指しやすい適切な数値を目標に掲げることができるのです。この「適切な目標」というのが大事で、これにより店舗スタッフのやる気を損なわずモチベーションを上げることに繋がっていきます。また、顧客データの詳細まで分析できれば、例えば定期的に配信しているセールや新商品情報などのメール配信によって、来店や売上にどれ位の効果があったかも把握できます。それにより集客のための戦略も立てやすくなるでしょう。

使いやすく高度な分析も可能

店舗での売上をアップさせるために使う分析ツールは、さまざまな機能・メリットを持っています。それはまず「使いやすく分析が簡単である」点があります。どんなに高機能の営業支援ツールや分析ツールを導入しても、使用方法が難しくては意味がありません。その点で、ほとんどの製品は専門知識がなくても利用できるような工夫がされ、誰でも簡単に分析データを見ることが可能です。しかも、グラフなどビジュアル化されていて見やすく分かりやすいのが特徴です。次に「より高度な分析も可能」という点があります。販売状況やユーザーの詳細情報など、さまざまなデータを経営者・店舗責任者・現場スタッフそれぞれが、自在に組み合わせて各人の得たいデータを把握することができますので、クリアすべき課題も発見しやすくなるでしょう。店舗責任者やスタッフのスキルにまかせるだけでは限界がありますが、組織的に取り組むことで売上拡大につなげていくことができます。また、ツールを使用することで、「リアルタイム」に情報が反映されますので、よりスピード感のある情報の共有化と分析を可能にします。

広告募集中