HOME>記事一覧>人と人との繋がりである事を肝に銘じておこう

目次

綿密なコミュニケーションを取ろう

会議

迫る日本国内の人材不足に対応するために今、オフショア開発が進められているのをご存知でしょうか。オフショア開発はシステムやアプリケーション開発を海外の企業や自社の子会社に依頼する手法で、国内における人材不足を解決する救世主となりつつあります。そんなオフショア開発を進めて行く際に心がけておきたいのが、通常以上にコミュニケーションを大切にするという事です。システムの開発等に必要なプログラミング言語は全世界共通でも、実際人同士での言語は違います。そのため、いつも以上に細かなニュアンスを伝える努力をしなければ、連絡に時間がかかる等して、オフショア開発のメリットが活かせない可能性も出てきます。

どこの国の企業に依頼するかもよく考える

オフショア開発に関しての重要事項として、どの国の企業に開発を依頼するかという点もあります。例えば、IT分野における人材の質・量共に充実しているインドや、日本以外にも各国からのオフショア開発の実績豊富な中国等、国ごとに特長が存在します。その他自社がオフショア開発に求める事の違いにより、依頼すべき国や企業は大きく違ってくるのです。そうした事を確認する会議等を事前にしっかり行い、一つの意思の元でオフショア開発の依頼に踏み切る必要性があります。その他、今後進出したい国に依頼し、オフショア開発を現地のビジネス事情を知るため等、足掛かりにするという方法も考えられます。

広告募集中